高齢化社会の介護ホームについて

現在、日本は高齢者が増えて高齢化社会を迎えています。世界最高水準の長寿を誇っていますが、介護施設の充実が急務となり、全国各地に介護ホームが非常に多くなりました。

話題の老人ホーム紹介の情報が豊富です。

北欧並みの「揺りかごから墓場まで」を合い言葉に、高齢者向けの充実した介護サービスが受けられるようになってきています。
介護保険の導入により、高齢者の介護認定が行われるようになり、要介護1〜5と認定された要介護者は、寝たきりや認知症などで生活全般にわたり介護を必要と判断されます。

このように自宅(居宅)での生活が困難で、家族の介護も期待できない高齢者を対象として、介護施設・介護ホームが設置されました。

YOMIURI ONLINE情報がリニューアルしました。

介護ホームではケアプランに基づき、食事や入浴、トイレなどの日常生活上の介助、不自由な体の機能訓練、健康管理等が行われます。



スタッフには看護師・生活相談員・機能訓練指導員・介護職員などがいて、これらのサービスに従事します。

医師は常駐している事もありますが、連携した外部医師支援のケースもあります。
契約した歯科医師も訪問治療で対処してくれます。居宅で家族が介護されている方でも、介護ホームでのデイサービスが受けることが可能で、入浴などで体を清潔に保てます。


介護スタッフは介護で困っている方々を支援し、安心して暮らせる社会づくりに貢献できるやりがいのある仕事を誇りに働いています。
高齢者のいるご家庭は、必要に応じて介護認定を受けられますので、各市町村の福祉担当部署にお聞きになるのが良いでしょう。