介護ホームが見つからない時はどうするか

介護ホームは見つかりにくいことがあります。



日本は高齢化社会を迎えており、多くのお年寄りが介護ホームに入居します。

利用料金が手ごろなところや、サービスが充実したところは人気があって、満員の状態が続いています。そうは言っても、家庭の事情によってどうしても介護ホームが必要なこともあるでしょう。
そんな時は、次の2つの方法を考えてみましょう。

様々な種類の47NEWSの為になる情報です。

まず一つの方法はサービス付き高齢者住宅を探すことです。この施設も一種の介護ホームですが、これはそこで生活することに重点の置かれた施設です。

サービス付き高齢者住宅は介護を受けるよりも、そこで普通に暮らすためのホームです。
しかし、このタイプの施設でも、最近は介護サービスを実施するところが増えてきました。
認知症のあるお年寄りでも入居できるサービス付き高齢者住宅もあります。もし、介護ホームが見つからずに困っている場合は、このタイプの施設を探しましょう。
体が不自由な方は入居しにくいですが、病気や認知症があっても何とか自分で生活できる方だったら、入居を認められます。見守りのサービスがあることが多いので、万が一不測の事態が起こっても、安心です。
もう一つの方法は、ショートステイを使って、有料老人ホームなどの空きが出るのを待つことです。
ショートステイは最長1ヶ月滞在できます。



それから、他の介護施設にくらべて空きが多いです。

ショートステイの滞在を繰り返して、ずっと入居できる介護施設の空きを待つようにします。